カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトアニア料理

Labas vakaras (こんばんは) !

平日には課題をこなし、土日は思い切り遊んで…っていう生活をしていたら、気付いたら試験も全部終わっちゃいました!

もう帰国してもいいのですが、せっかく来ているのでこちらでお正月を過ごしてから帰国することにしました(*^^*)

リトアニアカウナスからなっちゃんです!

以前リトアニア語について紹介したのですが見ていただけましたか?
言語と同じくよく聞かれるのは、「リトアニアってどんな料理があるの?」
ということで今回はリトアニア料理についてお話します~

お腹が空いた方もそうでない方も続きをどうぞ!

リトアニアの料理は、野菜肉肉芋いもイモ!!って感じです。

Cepelinai (ツェペリナイ)/Didžkukuliai
cepelinai.jpg
小判型 (正式には飛行船型) のジャガイモ料理。
すりおろしたジャガイモの中に普通は肉団子が入っています。
みじん切りにしたキノコとか、いろいろな種類がありますが、基本は肉です。
サワークリームをかけて、ベーコンのようだけどもっと脂っこい肉をその上にのせて、ジルをかけてあることが多いですね。
すごく脂っこくて重たい料理ですが 、リトアニア料理の代表なので絶対絶対挑戦してみてください。

Šartibarščai (シャルティバルシチャイ)
saltibarsciai.jpg
cold beet root soup (冷たい蕪のスープ)。
この色…食べる気なくなりますよね。体に悪そうな色…
でも実はこの色、赤カブの色素なのです。人工ではありません!
赤カブと、乳製品を混ぜて作ります。
日本では赤カブ (皮だけでなく中身まで赤い物) 自体馴染みがないのですが、こちらでは薄切りして瓶詰めになって売っています。
ジルをかけて、時々ゆで卵を入れて、ゆでたor焼いたジャガイモとセットで出てきます。
ジャガイモは、別々で食べてもよし、切ってから入れてもよし、とりあえずスープに入れちゃって中で切るもよし…
夏に食べるとすごくさっぱりします!
ただ、日本人はこの赤カブの色素を分解する酵素がないようなので、食べすぎに注意…

Bulvių blynai (ブルヴュ・ブリーナイ)
blynai.png
ジャガイモのパンケーキ!
すりおろしたジャガイモと、卵、ほんの少しの小麦粉と塩を混ぜてフライパンで焼きます。
これもサワークリームをかけて食べます。

Kugelis (クゲリス)
kugelis.jpg
ポテトプリン…って言ってもピンとこないですよね(笑)
すりおろしたジャガイモと、ベーコンや玉ねぎなどなど混ぜて、グラタンのように焼いた料理です。
でも食感はプリンって言われて納得な柔らかさです。
リンゴで作ったソースや、サワークリーム、ベーコンのもっと脂っこいのを載せて食べます。

Kibinai (キビナイ)
kibinai.jpg
トラカイという地域に昔住んでいたカライメ族の料理です。
パイ生地の中に肉が入って、まさにミートパイという感じです。
お肉の代わりにみじん切りのキノコや野菜、チーズ、カッテージチーズ、フルーツのペーストなどなどいろいろな種類があります。

Gira (ギラ)
gira.jpg
英語ではkvass。日本語でもクワスらしいです。
リトアニア以外の国にもあるようなのですが、微アルコール性 (1~2.5%) の微炭酸飲料です。
パンと酵母を発酵させて作ります。
メーカーやブランド、家庭によって見た目や味が違うのですがお気に入りを見つけましたー

Kepta duona (ケプタ・ドゥオナ)
keptaduona.jpg
Fried bread 「揚げたパン」。でも日本にある「揚げパン」とは違ってカリカリです。ときどき堅すぎるくらいです。
パンを細長く切って、高温の油でこんがり揚げます。
そのあとは生のにんにくを塗りこんだり塗りこまなかったり…
チーズをかけたりかけなかったり…
そのチーズも細くすったチーズだったりとろーりとしたチーズだったり。
サワークリームをつけたりマヨネーズをつけたり…
バリエーションはたーーーーくさんです!
リトアニアでのビールのおつまみに欠かせません!

Šakotis (シャコティス)
sakotis.jpg
「木の枝」という意味の名前ですが、木の枝に見えますか?
結婚式や誕生日など、お祝いの時に食べられるお菓子です。味はバウムクーヘン、食感はクッキー。
AIUからヨーロッパに留学している学生で9月の末に集まる機会があって、そこに持っていったら大好評でした。見た目もインパクトありますし。
シャコティスのできた過程は2説あります。
1.ドイツのバウムクーヘンを改良?改造?してできた。
2.リトアニアがこれを作り、そのあとにドイツが作ろうとしたら、木の枝がうまく作れなくて切り株になってしまった。
リトアニア留学の私はもちろん後者を信じます!!

Tinginys (ティンギニス)
tinginys.jpg
「怠け者」という名の通り、怠け者さんでも簡単に作れるスイーツです。
熱しながら溶かしたバターとコンデンスミルクを混ぜて、スプーン数杯のココアパウダーを混ぜて、小さく砕いたビスケットをいっぱいいれて、ビニール袋に入れて、筒型を作って冷蔵庫に入れる!終わり!
サラミみたいな見た目なのですが (ある日本人の知り合いはサラミと間違えて買ったことをきっかけに出会ったそうです(笑))、スライスして食べます。

はちみつ
medus.pngmedus.jpg
リトアニアでは昔から養蜂が盛んでした。
蜂に対して、「死ぬ」ではなく「亡くなる」という言葉を使うほど大切な存在です。
日本では1枚目の写真のような透明なはちみつがほとんどですが、リトアニアのはちみつはほとんどが100%の純粋なはちみつです。
のどにいいので、風邪をひいた時に食べることも。
どんな花からのはちみつかによって効能 (薬ではないのでこの表現は不相応かもしれませんが) もいろいろあるそうです。
小瓶もあるのでおみやげにもいいと思います♪
はちみつを使ったケーキやお菓子も充実しています^^

"ETNO" ハーブティー
etno.jpg
免疫を高めてくれるハーブティーも、古くからリトアニアで重要な存在です。
「風邪をひいたらハーブティーをたくさん飲んで!」とも言います。
はちみつを入れることも。
場所をとりますが軽いし、日本円で2~300円とお手頃です (日本で買うと6~700円!) のでこちらもお土産にぴったり★


すでに何個リトアニア料理として何個知っていましたか?
0か1で普通だと思います(笑)
でも意外といろいろあるんですよ、こんな小さな国ですけど。

ツェペリナイも、ギラもシャルティバルシチャイも最初は「何これ?こんなのもう食べない!」って思ったのですが、数か月たったあたりから、しばらく食べていないと時々ふと頭をよぎって食べたくなってしまうようになりました。
適応…ですかね(笑)

今では毎日リトアニア料理のレストランに行っても大丈夫…だと思います。

友達や家族がリトアニアに来た時に、1, 2回リトアニア料理を食べると「もうリトアニア料理はいいや…」ってなってしまい、残念です。
もっといろいろ試してほしいのになあー。

長くなってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました。
リトアニアに来る機会が万が一ありましたら、上に書いてあるものは★全制覇★していただきたいです。
おみやげのはちみつハーブティーも忘れずに(笑)

では、最後にワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。