カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトアニアの言語って?

リトアニの第2の都市カウナスからなっちゃんです(*^^*)

日本では経験したことのない3ヶ月の夏休み。
最初の1ヶ月は新しい人に出会い、久しぶりにAIUの友達に会い、新しいものを見るため旅行旅行旅行!
お金がなくなった次の1ヶ月は考え事もしつつ、ぐだぐdのんびり。←今ココ
最後の1ヶ月は留学先、Vytautas Magnus Universityの夏期講習…というとツラそうなので(笑)サマーコース!


突然ですが…

リトアニって何語か知っていますか??

リトアニア語…?そんなの存在するの?
英語…?でもアメリカ、カナダ、イギリス…のように「英語圏」として知られてないし…
ヨーロッパだから…フランス語?ドイツ語?
ソ連の占領下にあったから、ロシア語かな…?

まあとにかく、続きをどうぞ(笑)



先ほどのクイズ(?)、答えは…

リトアニア語
ちなみに「リトアニって何語?」という質問は私が「リトアニに行きます!」と言ったときなどによく聞かれたことの一つです。

今日は、リトアニア語の正体をお教えしたいと思います^^

世界中に数ある言語のうち、リトアニア語はインド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属しています。
…と言ってもピンと来ないですかね(笑)

インド・ヨーロッパ語族
└ゲルマン語派
 └英語
 └ドイツ語
└ロマンス語派
 └フランス語
└スラヴ語派
 └ロシア語
 └ポーランド語
└バルト語派
 └リトアニア語
 └ラトビア語
もちろんこれが全部ではないので、興味があったら調べてみてください♪

リトアニア語とお隣のラトビア語は「バルト語派」という家族の一員であり (実際にラトビアはリトアニにとって「兄弟」なのです)、英語やフランス語、ロシア語など、他の語派に属する言語とは親戚関係、というとわかりやすいでしょうか…。

リトアニア語の最大の特徴は、古さ
古代ギリシャ語やラテン語並みだとか、現在使われている数ある言語の中で、祖先であるインド・ヨーロッパ語に最も近いといわれ、言語学会でも注目を浴びています。

自称 (いや、通称かも(笑)) 言語マニアの私、この1年間の留学である程度会話ができるようになりたい!と思い、留学先が決定したその日のうちに、リトアニア語のテキストを求めてバスと電車を乗り継ぎました。

小さな国リトアニの言語、リトアニア語はもちろん話者も少ないわけで…っていうのが理由かどうかは分かりませんが、本屋さんにテキストが1冊しかないのです!しかも薄いのに高い!!

でも大学の所在地である秋田の中で一番大きいと思われる本屋さんだから、他の本屋さんにこれ以上あるとは思えないし、一刻も早く勉強を始めたい私は、その1冊を買いました。
家に帰って調べてみると、私が買った白水社さんの「ニューエクスプレス」シリーズが日本に売っている唯一のリトアニア語テキストだそうで。
不思議の国に行く気分でした(笑)。

「日課にしよう!」と張り切って本を開き、勉強をし始めたのですが…挫折し、後回しにしがちになりました。

原因は…語形変化の多さ!!

ヨーロッパの言語に語形変化は付き物なのですが、リトアニア語、中でも名詞は比べ物にならないほど多いのです…(>_<)

1つの名詞が、使う動詞や単数・複数などいろいろな条件によって14通りの形に変化します。
一応ルールがあります。でも、名詞にも5種類あるので、単純計算で14x5=70のルールを覚えなくてはなりません。そして、時々例外もあります。
形容詞や数詞も、名詞の変化によって変わるので、1つの文を作るのにすごくエネルギーを使ってる気分です(笑)
リトアニア人もしょっちゅう間違えるそうです(^^;)

文字は英語と同じアルファベットが基になっていて、Š, Ą, Ūなど、ちょっと変わりダネもあります。
発音はローマ字読みしてしまえばほとんど大丈夫(*^-^)v
この辺が唯一の救いです…(笑)

古さと話者の少なさから(?)保護されているリトアニア語
法律で決められて、街中の表記はすべてリトアニア語、時々リトアニア語と英語 (とロシア語)です。
「本屋」とか「パン屋」とか、リトアニア語で書いてあります。
余談ですが、日本だったら「○○書店」「●●堂」「××ベーカリー」とか独自の名前がついてますよね、「本屋」「パン屋」とか書かないですよね。ちょっとした違い^^

他の言語に類を見ない古さはリトアニア人の誇り。
同時に、「国際化」した社会と観光が盛んになったリトアニでは、リトアニア語だけでは不十分…と、アメリカに所謂出稼ぎに行くため、他の国で仕事をするために英語を学ぶ、ということが多いようです。

ソビエト連邦による占領という歴史から、上の世代では第2言語といえばロシア語ですが、若い世代だと英語…しかもネイティブ並みのぺらぺら!
私たちくらいの世代では、外国語としては英語学習者が一番多く、ドイツ語やフランス語も人気です。
日本語はというと、いくつかのレベルの高い(?)大学に日本語学科が入っていて、大学生だけではなく提携のある高校から高校生が授業を受けることができる、というシステムもあるそうです。

本を買ったばかりのうきうきな時期にちょっとだけ覚え、出国2週間前くらいからまた意気込んで頑張ってみたけど全然身につかずリトアニに来ましたが、オリエンテーション期間のSurvival Lithuanianというフレーズ重視の授業、春学期にとった、文法重視の初心者向け授業、そして日常生活で目や耳から入るリトアニア語のおかげで、だいぶ不便なことが減りました。

今は、「言いたいことは何とか言えるけど相手が何て返してきたのかわからないのが申し訳ないからリトアニア語で話しかけるか英語で話しかけるか」というジレンマに苦しんでいます(笑)
冒頭で書いたサマーコースはリトアニア語や文化のコースですし、来学期もリトアニア語の授業を継続して取りたいと考えています。
リトアニだけにいえることではありませんが、その土地の言葉がわかったら、その土地での滞在が何倍も楽しいと思うのです!!
これから留学先を決める方は、ぜひそんな面も考慮しつつ、選ぶといいのではないでしょうか\(^0^)/

好きな分野の話なので長くなってしまいましたが、読んでくださいましたみなさん、ačiū (アチュー、ありがとう)!!

今回しつこいくらい「リトアニア」という単語に色をつけてみました。
リトアニアの国旗が上から黄色、緑、赤の三色なので、いつか見かけたときに「これはリトアニア!」って思い出してください(笑)

最後にぽちっとしていただけると、本ブログ参加者一同happyです~(*^^*)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。