カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の国から

Hola!(こんにちは!)
国際教養大学8期生、リンダと申します。 学年唯一の群馬県出身です。

わたしは今、スペインの Universidad Carlos III de Madrid (マドリードカルロス三世大学)というところに留学しています!
総合大学ですが、英語での授業は経済学や経営管理学等限られています。
わたしはスペインにいながら英語で授業を受けるのです!

これが2度目の海外、そして初めての留学です。
出国してちょうど2週間が経ちました。寮でのスペイン生活にも少しずつ慣れてきました!
2週間なにをしていたのかと言いますと、学期が始まる前のスペイン語の集中講座を今日まで受けていました。

スペインというとみなさんどんな印象をお持ちでしょうか?
人がとにかく明るい、情熱太陽フラメンコサッカー!!
こんな感じでしょうか?
だかしかし!スペインはただ今大変な不況の中にあります。。。
失業率がなんと25% ものすごい数字ですね。しかもまだ下降する傾向はありません。

実際スペインはどんなんなのか?言葉は?人は?
そして授業は?

スペイン生活も一息ついたことですし(まだまだ?)、追記でこの2週間で感じたことを語らせていただきたいと思います。

~スペインライフの実態~
まず苦しむのは、言語です。スペインのみなさんはあまり英語が得意ではないようで(日本みたいですね)、何か困ったことがあっても寮の管理人さんにスペイン語で話さなければなりません。
「洗濯機を回したいけどコインがないので両替してください」とか
「カードがなぜか使えなくて部屋が開かないんですけど・・・」とか
「学習室ってどこですか?」とか、
恥ずかしながら日本でスペイン語をそんなに勉強してこなかったので辞書片手に必死に伝えています笑
さらに、寮のみんなも英語が得意ではないようで、スペイン人の知人があまりできません。せっかくスペインに来たんだからスペインの人と仲良くなりたい!のですがそのためにはスペイン語は必須のようです・・・

気候は、太陽の国と日本で呼ばれているだけあって、「日なたにいれば」暖かいです。 しかしマドリードは内陸のためか比較的気温が低く、さらに風が強いです。曇りの日、雨の日は本当に寒いです。 そしてとても空気が乾燥しています。 結論からいうとマドリードはわたしの地元、群馬県とほとんど同じ気候であると言えます笑

わたしは寮でスペイン人の正規学生とルームシェアしています。彼女は英語も話せるので安心です。スペイン語しか話せないとしたら、それはわたしにとっては格好の言語習得の機会となったでしょうが、ルームシェアをしている以上正確にコミュニケーションをとれなければ精神的にも辛いので、彼女がルームメイトで助かりました。
また寮に住んでいる留学生は南米ヨーロッパの人が多いです。ヨーロッパはともかく、南米やメキシコ、というと日本とあまりに遠くてイメージが無かったのですが、それだけ話をすると面白いです。特にペルーの留学生は フジモリ元大統領 の影響か、日本に親近感を持ってくれているようです。
話が飛んでしましますが、マドリードでは水道水を飲めます! すばらしい!

マドリード郊外にある大学周辺はそうでもないのですが、中心部は治安が悪いです。 アトーチャ駅周辺では道に座り込んでコップを持ってお金をせがむ人や造花を渡してこようとする人を見かけました。 また、リュックの中身をすられた、という話もよく聞きます。 電車の中では突然歌を歌いだしたり、演説を始めたりしてお金をせがむ人もいます。 不景気でない時期にスペインに来たことが無いのでなんとも言えませんが、この状況はやはり経済も関係しているのでしょう・・・

日本人たった3人しかいない大学!そして厳しいらしい勉強! そしてスペイン語集中講座
Welcome Eventという新しく来た留学生の学期前集会のようなものがあったのですが、そこにいた日本人はわたし1人。 大学内にも、国際教養の半年前から留学している先輩と、アメリカの大学から交換留学をしている先輩と私しかいません。 留学したのについつい日本人でかたまってしまうなんていうことができない環境です! 素晴らしい笑 さらに、国際教養の教授達、国際センターの方、先輩にさんざん
「勉強がとても厳しい」
という話をされました笑 Welcome Eventでも大学の方からそんな話を聞かされました。 国際教養でもめいっぱい勉強して授業についていったという感じなのですが、それより格段に内容が難しいと・・・ 留学初めて、海外も2回目にしてなんとチャレンジングな環境なのでしょう笑
でも、人生は苦しいときが上り坂
(成長を登山に例えて、苦しいとき〔急こう配の坂を上っている時〕が人間は一番成長しているという事です。)
苦しむことが多いと思いますが、やれるところまでやってやろうと思います。
またその辺は学期の中間にでもご報告させて頂きます^^

そして今日終了したスペイン語集中講座!
正式名称はIntensive Spanish Courseです。2週間の間、1日4時間の授業を受けました。 一番レベルの低いクラスに在籍していたのに、先生スペイン語でしゃべるしゃべる。 予習をきっちりやっていかなかった日はついていけなくて酷い目に合いました。 クラスには10人強の学生がいて、韓国人、スイス人、イタリア人、ドイツ人、シンガポール人、アメリカ人、オランダ人、インド人と様々な国々からの留学生がいました。彼らのスペイン語の吸収の速さもすごかったのですが、英語の中で育ってきたのでもない彼らが、英語を母国語のようなスピードでしゃべるしゃべる! 聞き取れません泣 わかっていたことではありますが、第二言語としての自分の英語の未熟さを再認識させられました・・・(語学留学ではないのでそんなことも言ってられませんが)。
でもこの授業を終え、スペイン語もっとちゃんと勉強したくなりました
ただ今、通常の学期のスペイン語の授業をとろうか、自分でスペイン語教室を探そうか、それとも独学で学ぼうか、考え中であります^^


と、ここまで読んでくださってありがとうございました。 今日はここまでにします。
また時間のあるときに更新させていただきます^^
では、Hasta luego! (さようなら!)


にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。