カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袖が重要

こんにちは、アメリカはアイオワ州University of Northern Iowaに留学中のさわだです。
5月にも入り、日本では場所によって春の暖かな日に夏の暑さが混ざり始めるころでしょうか。

こちらアイオワ・シダ―フォールズ(UNIのある市の名前)はといいますと、
日に日に気温も上がり、風から肌を刺すような冷たさも消え
丸々と太ったリスやウサギがキャンパス内を駆け巡るようになりました。

DSC_0929.jpg
リス。

このままの調子で日照時間も長くなって
夏の本格的な暑さに移行するのかーと漠然と考えていました。



現実って上手くいかないものですね。
これからお話しするのですが、アメリカ(アイオワ)の天気にかなり衝撃をうけています。
これもカルチャーショックなのでしょうか。
それとも私の天気運が悪いだけか。




4日ほど前、今週の月曜日のお話から。

少し湿度の高い朝、9時から始まるの授業に向かうためキャンパスを歩いていたところ
雨が降り始め、急いで建物の中に駆け込みました。
教室に入りしばらくすると、ずぶ濡れの学生たちが続々と入室。
そんなに大降りになったのか、駆け込んで正解だったな…と思っていると

「OMG, it’s hailing」 との声がちらほら。
Hail=雹(ひょう)。つまり 「やばいよ、雹降ってる」。

だと?!
生まれてこのかた空から降ってくる物体は
雨と雪と火山灰くらいしか見たことがなかったもので
人生初雹か?とわくわくしながら授業終了を待つことに。
しかし教授が授業終了を告げるとともに
カーテンを開けて(何故かいつも閉まっている)外を見た学生が一言、

「ああ、空が澄み渡っているよ!」

そうか…止んだのか…。
少し残念に思いながらも外に出ると地面の至る所に2~3センチのビー玉が。
ビー玉、のようなが。
なんだこれ!!怪我人出るだろう!
写真に撮らなかったことを心底後悔しています。




その次の日。

雹が降るような気温から一転、
外に出るとだいたい皆半袖短パン
気温はだいたい80°F以上だったとかなんとか。
寮の中庭の芝生で日向ぼっこをする人もちらほら。
私はそんな天気ともつゆ知らずに長そでを着て授業に出たため周りから浮く羽目に。
こんな急に夏がくるのか!!春はどこに行った!!と心の中で憤慨したりもしましたが
あと2週間弱で夏休みが来ると思ったら仕方ないと納得していました。




そしてその2日後の今日、木曜日。

が積もってきました。

ええ、さっきまで吹雪いていました
気温は0°Cを下回り
当然、風は冷たい、むしろ痛い。
学生たちも冬物の防寒着に身を包み雪に耐えながら道をゆく…
あれ、1,2か月前と同じ風景…




3日かそこらでここまで激しい気候の変動を体験できるとは夢にも思いませんでした。
アメリカのほぼ中部にあり近くに海も湖もないアイオワ、
海に囲まれた小さな島国で基本的に適度な湿度に保たれた日本よりも
短期間での急激な温度変化に弱いのか…


と考えていたところ、
どうも今回は特別変わった天気だったようで、
いつもこんな突飛な吹雪に見舞われるわけではないようです。
が、同じ北半球にあっても季節の移り変わりは地形や周りの気団にも影響されて
少なからず変わってしまい、日本と同じかと思っていると大変な目に遭いそう。
これからは毎日天気予報に気を配ろうと思います。




天気予報と言えば
アメリカでの気温は日本で見られる
°C(摂氏、Celsius/Centigrade)ではなく
°F(華氏、Fahrenheit)で表示されます。
これがなかなか馴染めない。
水たまりが凍るような日に「今日は30度か~」と言われて混乱します。

ある日気温の話になり、わからないんだよねーと友達に話したところ
こんなアドバイスをもらいました。


春は大体30°Fから50°Fの間のことが多いかな。
 あと半袖着た人がいたら50°F以上だと思っていいよ!


分かりやすいけど、そんなもんなのか。




しかしこの見分け方は時に使えないことも。
何故なら私見てしまったのです、雪の日に半袖を着て過ごしている男性を!

というのも実はどの建物も必ずと言っていいほど空調設備が整っており、
建物の外と中でだいぶ温度に差があります。
寮の部屋にいたら外の気温なんて全くわからない。
コートは分厚いものを着るけれど建物に入っちゃえばあとは結構薄着な人も珍しくない。


別にアメリカの人たちの服装が雑なわけではありません。
一種の合理性に基づいていると言いますか。


逆に夏になれば冷房が入り少し寒く感じるくらいになるのではないかと。
これからアメリカに来るという方は
出発時の日本が真夏だろうと真冬だろうと
時期を問わず多少の暖かい/涼しい服をどちらも持ってくることをおススメしてみます。




以上、
気温もカルチャーかもねというお話でした。
私はしばらく再来した寒さと戦ってきます。
皆さんも季節の変わり目にはお気をつけて…。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

スポンサーサイト

THEME:アメリカ生活 | GENRE:海外情報 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。