カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコで気づいたうちの考え方

こんばんは、モロッコ留学中のももっこです

もうこのちょっと気に入ってたももっこってペンネーム辞めます。
ももっこって打ちたいときに変換候補でモロッコって出て、「モロッコ留学中のモロッコです」みたいにややこしいことなりまくるし、もう次からいしだって名乗っていきます(笑)

まあ、今ももっこ夜中3時なんですよね、ってほら今度は逆パターンなるからもうがちでいしだごり押ししていきます。

で、モロッコに来て3ヶ月ほど、AIUにおる頃に比べたらほんまに早く寝るようになって、あんまり3時まで起きてること無いんやけど、今日は目がばっちーやからブログ書いてます

なんで目がばっちーかってゆうと、長くなるからめんどくさい人はまた究極にヒマなときにでも読んでください(笑)


明日モロッコでの1セメ始まってから留学先大学の日本サークルの子たちと企画してきた、日本の文化紹介するJapanese Dayってやるねんな、うちイベントごとの前いつもよくわからん興奮で夜更かししてしまうから(笑)

日本サークルってゆっても、日本人はうちとかなエステレだけであとはモロッコ人やねんけど(笑)

明日のJapanese Day自体は昼の部が、おりがみレクチャーとか、おにぎりトライアウトとか、習字体験とか、日本のグッズ販売とか、それぞれのスタンドがあって、一定の時間になったら日本語講座とか日本食についてのプレゼントか、モロッコの学生による生け花、茶道、合気道とかのパフォーマンスがあります。

夜の部は、モロッコで活動中のJICAの隊員のひとが何人か来てくれて、沖縄の三味線?披露したり、クイズ大会、カラオケ大会などの催し物をします。


てか、これ全部予定通りに行ったらスーパーミラクルファンタジー


ってゆうのも一月末にモロッコ来て、こんな遥か遠いアフリカのよくわからん国に日本のことに興味こんなに持ってくれて、日本大好きって言ってくれる子がいっぱいおって、純粋に日本人としてうれしかって、わーいっぱい日本のいいとことかもっと伝えたいなって思って、この日本サークル入ったわけやけど、


この二ヶ月半くらいミーティングとかほぼ毎週重ねてて、うちが思うにモロッコ人、人の話にぜんぜん耳傾けへんし、ミーティング中話脱線300回くらいしたし、時間にルーズで、締め切りとか守らんし、めんどくさいことは後回しか人任せやし、


うちがこれもやらないとね、とか提案してもI will do it インシャッラーって、インシャッラーってif god wants toって意味でmaybe みたいなニュアンスで使うねんけど、まあやってくる確率20パーセントくらいやし(笑)


(もちろんモロッコ人みんながこんなわけでもないし、うちもちょっと誇張してます)


AIUでイベント委員やってたころ思い出して比べてもうたり、納得いかんことが多かったわけ!


そういうとき、現地のやり方に素直に納得できひん自分が視野狭く感じてずっと嫌やったわけ


でも、やっぱり今日最後の準備でもだらだらだら〜〜ってぐだっててあーもうこれはJapanese Dayてかモロッコオワタってまた思ってもうたわけ


で、うちそういうの顔に出てたみたいで、帰り際にサークルの友達サラに"You have to understand that its the way of Moroccan, It is gonna be fine tomorrow" ってゆわれて、でもいつも大丈夫ってゆってぐだぐだやんってまたまた思ったわけ。


結局うちはモロッコ人の考え方理解しようとして理解できんかったわけ、共感とか理解の面においてはもうギブアップですよ。


やっぱどう考えても20年間日本で生きてきたうちにはそう簡単にモロッコ人の考え方に完全に合わせるのは無理やった。

今の自分を作ってるのは、自分の考え方で行動して来た、過去のわたしです。

今のうちの考え方は、今までうちがたった20年やけど、生きて、その中で家族や友達、出会った色んなひと、食べたおいしいもの、感動した経験やな思い出、学んだこと、うちの20年大切なものすべてがぜーんぶ関わって、元となってできています。


いままで、モロッコに来て、モロッコ人と考え方やり方合わんところで、国際人になるにはその土地のやりかたにわたしが適応しないと!!!脱日本人!!みたいなミッション掲げてたけど、ミッションインポッシブルでした。

もううちの20年の出来事が、骨とか脂肪とか細胞とかに変わって、今のうちの考え方を作り出してるわけで、モロッコにきたからって日本におらんからって、はい、ばいばいうちの今までの考え方、ようこそ新しい考え方!なんてできませんでした。

むしろ、そんな簡単に自分の考え方捨てちゃったら、いままでの自分に失礼な気がしてきました。

もちろんうちがこう思うように、モロッコ人も自分の考え方に対して自信とかプライドとか信頼がもちろんあるわけで、うちとの考え方が違うからって否定はぜったいしたらいけませんとも思いました

だからサラが帰り際あんなことゆっててんね

たしかにうちがうちの考えをもとにグダグダって呼ぶモロッコ人がやることいっぱいあんのに遊びだしたりするあの儀式は、モロッコ人からしたら友達や仲間と大切なコミュニケーションを育む時間やったりすんのかな

うちが違う意見を持って違う優先順位があるように、モロッコ人あなたたちも違うように考えるねんね
そらそうやんな、育った文化、環境が違うもんね、あたりまえ!(笑)



だからうちは違う考え方に出会ったとき、まわりに流されず、

たとえマイノリティーでも自分の正しいと思うやり方考え方を突き通し、

相手の考え方には完全に賛成はできひんかったとしても、

"Diversity" として認められるのが、ほんまの国際人じゃないかなと思いました。


完全に合わすことでもないんやね

どうしてもモロッコ人に合わせようと努力したけど、結局いつもの自分の考え方に戻る適応力に欠ける固い自分、あんまりすきちゃうかったけど、今はすこし褒めてやりたい(笑)



モロッコ人うちがぐちゃぐちゃ細かいことゆってこのうるせー小姑とか思ったやろうな(笑)

でもうちはやっぱ自分の考え方とか譲れんかった!でもそれでいい!それうちが20年かけて形成した誇るべきアイデンティティーのかけらやと思う!


これが日本サークルのモロッコ人たちとJapanese Dayのイベントを一緒に企画して思ったこと。



いっぱい学んだ気分!!もう日本サークルだいぶ疲れたから来セメたぶんやらんよ!(笑)



ビラもいっぱい配ったし、明日は人いっぱい来て、ワークショップ開いてみんなで作ったおりがみのでっかいアートも日の目浴びるといいな
ほんでわたしは日本ファンをモロッコにもっと増やしたい!


もうさすがに眠いから寝る!!


にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ






スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。