カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専攻とは難しい言葉ですね、とほほ



こんにちは、2回目です。
アメリカのウェスタンオレゴン大学に通っております、みるくでございますうううう。
なんとかインフルエンザらしきものを克服し、最近は勉学に励んでおります。大学受験の時は“自分まぁまぁ勉強したぜ”と思い、AIUに入ってからは“高校での勉強量なんてカスでした申し訳ございません”と思い、アメリカにきてからは“学問なめてました過去の自分のバカ野郎うううう”って感じです。

アメリカの大学は勉強というか卒業が大変だということで有名ですが、確かに課題量は日本の大学平均より多いと思います。ただ正直その課題をどこまで真剣にやるかで負担はだいぶ変わってくるなぁという印象です。例えば忙しいのは嫌いよ!と思い、とりあえずエッセイをだしておけばいいや、という気持ちで行えば結構簡単に乗り切れます。逆に本気で取り組むとすごい負担です、もちろんその分力はつきますが。

私は正直AIUで過ごした最初の1年半ぐらいは前者の方でして、とりあえず課題量をこなすことで自分に自信を持とうとしていました。もしかしたらそれは学問とは呼べないのかもしれませんが、とにかく“必死になって課題をこなす”という習慣が身についていなかった私にとっては、夜更かししてでもエッセイを書いたり、プレゼンを作ったり、とても良い経験と自信になったと思います。
中学生の頃は“勉強?なにそれ、1日1時間も机にすまれましぇん(・∇・)”状態だったのが、高校では“わー!勉強って面白い!でも1日3時間が限界ですね!”と変化し、AIUでは”あ、気がついたら5時間集中してる奇跡や”という風に、勉強が生活の一部になったことは凄く喜ばしいことです。うんうん

そしてアメリカではまた違った勉強スタイルに挑戦したりしています。
そんな私が今アメリカで取っている授業を少し紹介させて戴きますね!


1. Psychology (心理学)
いやー心理学なめてました。私、高校の時に生物を習ったときに“生物って自分の体とかのことだし、最悪テストとかで分かんなくても自分の体触ってみれば何となくわかるっしょ!”となめてかかって痛い目を見ましたが、心理学も同じでしたww “自分の心のことだからテストとかも分からなくなったら心に問いただしてみればいいっしょ!(←今思うともはや何を問いただすのか分からない)”と軽く考えて取ってしまった心理学・・・大変失礼しました。生物学や物理学、統計学などとも結びつきが強い心理学、思っていたよりも複雑で、でもずっと興味深かったです。まだ心理学の基礎しか学んでないのですが、基礎知識だけでも日常のほとんどの人間の動きに説明がつくんです。たくさん実験もあって、“コーラ中毒の人間の行動を変えるにはどうするか”という課題でグループ実験をしたのも凄く興味深かったです。教育学を学ぶ上で心理学は必須だなという印象も受けました。基礎だけでも十分面白いのでオススメです。

2. Public Speaking (スピーチクラス)
とにかく話す、スピーチスピーチスピーチ!あとは人前にでて話すというのがどのようなことかを学べます。例えば人前で話す上での倫理、表情、言葉選び、観衆分析など、人前でスピーチをする機会が多いアメリカならではの授業だなぁと思います。私はクラスで唯一の留学生なので毎回スピーチをする時は“日本人がんばろうアーメン”と思いながらガチガチになって前に立つのですが、先生やクラスメイトや終わった後に拍手をくれたり、“よかったよ!”と声をかけてくれるので救われております。スピーチって言語能力勝負じゃなくて、内容やテクニック勝負だなと思わせてくれた良い授業です。

3. Social Problems in US (アメリカの社会問題)
これ、この授業が一番恐ろしい。成績がものすごく厳しくて、生まれて初めてペーパーでF取りましたww そのときの落ち込みww “生まれてすみません”ってレベルで落ち込みましたね。でもその分ものすごく頑張ろうと思わせてくれる授業です。書き直したペーパーは7時間下調べに費やし、6時間かけて書きました。もはや気持ちは自分の一生をかけたぐらいです。嘘ですそれは言い過ぎです
でも調べれば調べるほどに自分の社会問題への認識の甘さを知り、貧困や差別、労働問題や環境問題の基礎的な構造も分かっていなかったのかと反省しました。ちなみに先生はアメリカの方なのですがアメリカ批判がものすごくて、“アメリカはこんなとこがクソだぜ!カスだぜ!アメリカ最低!・・・・そんなバカ大国にようこそ!(welcome to America! Yeah!が口癖)”と皮肉たっぷりで言います。口もものすごく悪いです、TVにでたら間違い無く全部カットされOAされないでしょう。でも留学生を特別扱いせず厳しい評価をつけてくれる先生、良い授業を取りました。

4. HIP HOP (ダンス)
大好きなダンスの授業!でも正直言います、途中から全然HIP HOPじゃないww ラテンアメリカンなダンスになりました、口にバンダナまいて踊っちゃいますww そんな不思議な光景がアメリカらしくて好きです、でも先生はすごくHIP HOP上手です。この前はなぜだか急に先生が思い立って、学生会館前でゲリラライブならぬゲリラダンス披露会をしましたww 通り行く学生の“(゜o゜)?”の顔w そりゃ口にバンダナ巻いた集団が急に軽快な音楽と共に激しく動き始めたらビックリするよね、ここ学生会館前だし。正直に言うと、踊ってるこっちも(゜o゜)?って気分で踊ってました。
ちなみに場所はメープルホールというダンス専用スタジオで行うのですが、このホールがまた良い・・・鏡が大きくはられていて、床もHIP HOPやJAZ、TAP DANCEなど全てに対応した神フロア

5. Contemporary Issues in Media (現代メディアにおける問題)
現代社会とメディアとの関わり、メディアが引き起こす問題を学びます。例えば広告、TV、新聞、CMなど分野別に学んだり、問題別(差別、リベラルメディア、標準化など)に学んだり、とても興味深いです。アメリカのメディアを中心に学ぶので、時々先生が出す例を理解できなかったり、広告や宣伝文句をしっかりかみ砕けていないのがとても残念でもあります。(わたしの英語力の問題・・・)日本では大学選びの時から“なるべくメディアに関する授業が多い大学を・・・”と思って探すもほとんど見つからなかったので、こうやってメディアの授業を取れることが嬉しくて仕方がないです。先生もすごく中立な方で、生徒ひとりひとりに意見を求める方なので、凄くやりやすいです。来学期も同じ先生のメディア論も取る予定なのでウキウキしております!

しかし・・・このメディアの授業が、アメリカにきてからの一番大きな壁でもあるなと感じます。わたしは一応国際教養大学国際教養学部、Global StudiesのSocial Science Media 専攻なのです、が・・・専攻であるメディアについていかに知識が浅いかを思い知らされ、なんだかとてつもない虚無感に襲われます。

国際教養大学の長所でもあるリベラルアーツ教育は、色んなことに興味があるわたしにとって凄く魅力的なカリキュラムでした。しかしそれと同時にわたしには専攻だと言い切れるほどの専門的な知識が著しく欠けていて、今は“なんとなくたくさんの物事を経験した人”になっています。(たくさんの経験も大切だと思います)
ただメディアの授業ででる課題や問題を見る度に“こんな理論や基本的法則、聞いたことない・・・”と、まず課題を行う前に、出された課題の基礎知識を学ぶところからスタートしてしまいます、自分の専攻なのに。自分の知識のなさに気づけたことは本当に感謝しているのでもちろん頑張りますが、同時に凄く情けなく感じることも多いです。

だからこそ、アメリカに来てからの勉強スタイルは“量と質のバランス”を考えることです。AIUにいるころにつけた“多くの課題をこなす自信”を元に、次は専門知識を多く使った、質の高い見識で課題をこなしたいなと思います。

まだアメリカに来てから1ヶ月半ですが、この間にも新しく深い知識をたくさん知りました。知らなかった理論や法則も学びました。ペーパーを書く上で論理性や知識の使い方を意識するようになりました。

よかったです。万歳です。
昨日ぐらいにペーパーを書きながら“はっ!これが留学の力か・・・!”と急に驚きましたwww 未知の経験をした時の驚き、学びたいと思った人間のやる気、自分がバカだと悟ったときの反省力・・・留学恐るべし

というわけで初のセメスター、勉強面ではこんな感じでがんばっております。そろそろ冬留学のみんなが留学生活をスタートさせたくらいだと思うけど、こうやって各個人がいろいろ学んで、またAIUに帰ってきた時にみんなが学んできたこととか体験してきたこととがシェアできたらいいなーと今から楽しみにしてます(・∇・)!そのときにわたしも輪にいれてもらえるように今頑張ります!

ではでは、雨ばかりだから毎日傘とお友達だよと散々脅されたのに実際はほとんど雨が降らないじゃないか嘘つきーーー!なオレゴン州から、みるくがお伝えしました。


みんな元気かな−!恋しいなーー!


にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。