カテゴリ
プロフィール

AIU留学体験記2013

Author:AIU留学体験記2013
こんにちは、AIU留学体験記2013です!
訪問ありがとうございます。

私たちが通う国際教養大学(Akita International University, 通称AIU)は、秋田市郊外に位置する公立大学です。
在学生820人+留学生約150人(2011年度)と小規模な大学ですが、とてもユニークな特徴がたくさんあります!


①授業はすべて英語
②少人数制の授業
③1年生は必ず入寮し留学生と共同生活
④1年間の留学が義務


・・・ということで、今年もAIUを飛び出し世界各地に散らばったAIU生!
1年間の留学でAIU生は何を体験し、何を学ぶのか?AIU生の留学のリアルをこのブログを通じてお伝えしていけたらと思います。
メンバー一同頑張ります。

メンバーの励みにもなりますので、質問や感想等ありましたら、ぜひ気軽にコメントしていってください。よろしくお願いします!


それではAIU留学体験記2013、
お楽しみくださいヽ(^o^)丿♡

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュフィッシュ

こんにちは、アメリカはノーザンアイオワ大学(UNI)に留学中のさわだです。


先日、寒さ対策に厚手のレギンスを買ったところ
サイズ展開が「1・2・3・4」とあり
日本で言うところの「S・M・L・XL」ことかと思い
軽い気持ちで「3」を購入して広げたところ、
なんだこれLサイズどころの騒ぎじゃねえ。
みなさん、何事にも下調べが必要ですね!3ってXXLくらいでした!


さあ留学体験記ブログも各国から続々と更新されているわけですが
私は最初の投稿から1か月ほど空きまして、
そう、昨日Introduction to Sociology(社会学入門)の最初のテストを乗り越えたのです…
内容的には乗り越えたか分かんないけどバンザーイ!!!!
心の余裕ができたところで
今回は私の取っている授業や大学の単位についてお話を。


まず基礎知識としてですが
私たちの本拠地・国際教養大学(AIU)では
留学先の大学で取得した成績C以上の科目単位が
AIUでの卒業単位へと変換することができるようになっています。
いわゆる単位変換です。そのままですね。


その手順としては
1.留学先の開講科目を調べ、取りたい科目を挙げていく。
2.AIUに存在する授業の中で近い内容の授業を探す。
3.学校側から提示される単位数変換比率表から自分の留学先の大学を探して計算。
4.こんな授業とりたくて、こんな風に変換できると思うのですがいかがでしょう?!とリストを提出する。
5.アドバイザーの教授にそのリスト内容が認められつつ、且つ落第せずに授業を終了する。
6.成績結果を留学後もう一度提出。
7.承認。

大雑把にこんな流れ。


それじゃあAIUにない科目は取れないの?
という方もご安心を。
AIUの授業リストには社会学・人文学などの分野ごとに「留学科目」という変換枠があり、
相当する授業が無い場合でもある程度変換が可能となっています。

ちなみにAIUの中では一応Global Business(GB)Global Studies(GS)という二つの専攻があるのですが
GS専攻の場合はこの留学科目の数が多かったりするらしいです。
私はGB専攻なのでその辺にはあかるくありませんが…


ですがまあ、留学中には皆AIUでも多く開講されている経済学の授業や
文化・社会学系、そしてやっぱり外国まで来ているのでその国の言語授業を取ることが多いです。


ここで私の取っている授業を紹介します。
Introduction to Sociology
Math of Finance(金融数学)
Calculus 2(微積学2)
Astronomy(天文学)
UNI Singers(集団声楽)
Non music major Euphonium
の計6クラス、15単位を履修中です。
偏っていません。気のせいです。


私の留学の目標は
「AIUで学べないことを学ぶ」
です。
総合大学に来たのだから単科大学にない醍醐味を味わいたい…
ちなみに今後は幾何学や犯罪学も取れたらいいな、と狙っております。


さて、少しだけそれぞれの授業の説明と言いますか感想を。

Introduction to Sociology
AIUにありますSociologyの授業に相当するクラスです。
中身は名前の通り社会学を学ぶための基本的な思考、理論について。
読み物の内容について教授のレクチャーを聞いたり簡単なディスカッションが毎回あったり。
この授業は人文学や犯罪学、他の社会学の事前必修科目となっているので多くのUNI生が受けていると思います(予想)


Mathematics of Finance
金融の取引でよく使われそうな数値の算出方法やその構成を理解する授業です。
別の言い方をすると「電卓さえあれば税金の計算がこんなにも簡単に!」
担当のC教授がいつも蝶ネクタイをお召でなかなか面白い方です。
この記事のタイトルは彼のこぼれ話のオチから。



Calculus2
本来ならばこの前にCalculus1を履修するのですが
AIUでCalculus(無印)を履修していたため2から受けることができました。ラッキー。
高校の数学Ⅱの延長のような内容で(数ⅢCを受けていないためそちらと比較はできませんが)、
今日の授業で積分の範囲を終えて来週から別の範囲に突入とのことです。
グラフも描ける電卓TI-84が必須で
今まで授業で電卓を使う習慣がなかった私には未知との遭遇でした。



Astronomy
天文学!
高校時代は地学選択だったため、その時のトキメキが甦ってきます。
懐かしのM高校…天文台で木星を見せてもらったこともあった…
授業は基本的に教授のレクチャーを聞き、毎回小テストを提出して帰ります。
この間の授業では学内のプラネタリウムで黄道についてレクチャーを受けたり。



UNI Singers
音楽に興味があり、且つAIUでのクラブ活動の関連もあって参加した授業です。
定期的に開催されるコンサートに向けて混声合唱曲を練習していくという内容です。
周りは音楽専攻の学生ばかり、ですがなんとかしがみついております。
担当のM教授は詩のような喋り方をなさいます。



Non music major Euphonium
管楽器のレッスンです。
講師のF教授は日本にもいらしたことがあるようで
初めて会った時に「わかりますか?」と日本語で聞かれました。わかります。
週一回、教授と相談した時間帯に個人レッスンを受けられます。
音楽応用という分類で履修にはExtra feeがかかりますが
本物の音楽科教授から習うには安いです。おとうさん申し訳ない、バイト代で払います。
楽器も37ドル/1学期でレンタルできます。



以上が私の履修科目です。
専攻と関係ない授業ばかりで、なにがしたいんだ?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
なんせ国際教養大学なので
教養はいかなる分野であろうとも伸ばしていくべきですよね!
これから留学に行く方にも学びたいことを存分に学んでいただきたいものです。


不安要素は単位変換。結果はアドバイザーと教務課の方々のみぞ知る。

それ以前に悪い成績をとって門前払いにならないよう努力したいと思います。


せば、さわだ@ノーザンアイオワでした。
読んでくれてありがとうございました!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ

スポンサーサイト

THEME:アメリカ合衆国 | GENRE:海外情報 |

COMMENT

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

No title

ありがとうございます!
ぜひまたみんなの留学体験記を読みにいらしてください^^

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。